EM6_4nlVAAE12YC
2020_8_21_1815
岩手県の達増拓也知事が、「GoToトラベル」を「失敗と言っていい」と批判したそうです。


「達増知事は21日の会見で、先月22日に始まった政府の観光支援事業「GoToトラベル」について、「新型コロナ収束後の経済をV字回復させるためのもの」とした上で、「7月中の開始は早すぎた。失敗だ」「収束していない中では期待された効果が出ないのは仕方がない」と批判しました」

とのことで、まあ確かに「早すぎた」と言うのは、大半の人が思っている事だと思います。それでもやらなければならない、くだらない理由が政府にあったんじゃないでしょうか。

「実質半額」とか「Go To」が本気を出すのは9月以降のようなので、それによる感染拡大が起きるかどうか、「Go To」の効果があったか無かったかが分かるのは、もうちょい先の話になるでしょう。沖縄とかは既に出てきてしまっている気もしますが。

ですが、批判しているのが岩手県知事だけならともかく、



他の自治体からも、早い段階で反発の声が上がっていたのはたしか。挙句の果てに東京都民は「対象外」となる始末。

効果があったか無かったか、感染が拡大したかしていないかは先の話ですが、少なくない(1つ、2つならともかく)地方自治体と溝を作ってまで「Go To」した段階で、「失敗と言っていい」と個人的には思っていますけどね。

以上、2020年8月21日18時15分頃のトレンドでした。