adpDSC_8945-750x499
2020_6_30_1752
また中国か!となるような話が。

パンデミック(世界的流行)を引き起こす恐れのあるインフルエンザウイルスの新たな型が、中国で発見されたそうです。


「科学者らによると、新型のインフルエンザウイルスは最近見つかった。ブタを宿主とし、ヒトにも感染するという。

さらに変異し、ヒトからヒトに簡単にうつるようになって世界的な大流行を招く恐れがあると、科学者らは懸念している。

緊急対応が必要な問題ではないが、ヒトに感染する「すべての特徴」を備えており、注意深く監視していく必要があるという」

と言うワケで、人にも感染するとのことです。

それにしても、また中国ですか。よっぽど日ごろの行いがよろしくないんじゃないでしょうか。たしかに、よろしくはないですけど。

仮に蔓延しても、コロナの時からも分かるように、世界に感染が拡がるまで中国は手を打たないでしょうね。今は世界が混乱した方が、中国にとっては都合がいいので。小説「首都感染」の世界が、またちょっとだけリアルに近づいてきましたよ(あっちは鳥インフルエンザでしたが)。

以上、2020年6月30日18時頃のトレンドでした。