adpDSC_2289-1024x683
2020_6_4_1215
トレンドに「容疑者逮捕」とあったので、よほど何かデカい事件があったのかと思いましたが、そうでもありませんでした。しかし、逮捕された容疑者は、ある意味かなりの強者です。



「東京・渋谷の郵便局でお釣り用現金の管理に使われる機器から7万7千円を盗んだとして、警視庁は、同局の配達業務を請け負う業者の従業員だった男(31)を窃盗容疑で逮捕し、3日発表した。

 事件後、男は転居して行方をくらませていたが、新型コロナウイルス対策として一律10万円が配られる「特別定額給付金」を受給しようと現住所を届け出たことから、所在が判明したという」

と、7万7千円を職場から盗んで行方をくらましたものの、「特別定額給付金」を受け取ろうと申請して捕まったという、恐ろしいまでにお粗末な話です。

「男は調べに容疑を認め、「生活費や遊興費のためだった」と供述。給付金の申請はこれからといい、「留置場でも受け取れるんでしょうか」と話しているという」

と、自分でオチをつけられる辺り、なかなかの戦闘力。しかし、7万7千円を盗んで「転居」までしたら、引っ越し費用と新しい住居の敷礼金とかで全部無くなったんじゃないかと思うんですけどね。「生活費や遊興費」に、どれくらい使えたんでしょうか。

ひょっとしたら、今後もこういう間抜けな手配犯が、他にも逮捕されるかもしれません。「特別定額給付金」の意外な副産物とでも言うべきでしょうか。

以上、2020年6月4日12時15分頃のトレンドでした。