idaten_title
2020_3_31_2230
脚本家の宮藤官九郎さん(49)が、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになりました。



有名人や芸能界にも、続々と感染者が出ています。宮藤さん自身はコメントで、

「まさか自分が、と過信してしまいました。罹った今も、なんで自分が?と信じられない気持ちです」

と語っています。

今もなお、不要不急の外出を続けている人たちも、罹った時には同じセリフを思い浮かべる事でしょう。罹ってしまった時点で、思い出しても何の意味もないんですけどね。この宮藤さんのコメントを見て、「他人事じゃない」と思う人が一人でもいればいいのですが。

ちなみに今、医療の世界はこんな事になっているそうです。



動物用の人工呼吸器も人に転用するように要請が出されているそうです。つまりそれだけ機器に関しては余裕がなく、これから先は動物用の物も転用しないと間に合わないぐらいに酷いことになると予想されているということでしょう。“「自分だけは大丈夫」教”の信者の人たちは、急ごしらえの病床の上で「まさか自分が」と思いたくなければ、今すぐにでも根拠のない信仰を捨てるべきでしょう。

しかし、現実の東京オリンピックがコロナウイルスの影響で史上初の延期となり、大河ドラマで「
いだてん〜東京オリムピック噺〜」を書いたクドカンまでもがコロナに罹るとは、偶然を超えた何かを感じてしまいます。
3f357017-2f64-4695-aa5a-c6b4133dae88
まあ、偶然と言うよりかは、「こじつけ」に近いですが。

以上、2020年3月31日22時30分頃のトレンドでした。